アクセス解析
レンタル掲示板
FC2ブログ

 Since 2006.10.16
色好まざらん男はいとさうざうしく、玉のさかずきの底なき心地ぞすべき/『徒然草』吉田兼好
狭い世界

2007-08-26 Sun 14:59
ウズラ卵がふたつ…♪
← オトコって・・・
なんかキミョーな袋を二つ、股間にぶら下げてる生き物なのね・・・
という画像でございます。

これ↑とは逆向きだけど、<♂>って、
な~っかなかよくできた象形文字ですよね☆


ところで。

閉所恐怖症な自分は、オシゴトがらみの女の子とは交遊したことがないんですけど、
たとえば、同僚のA子さんのお友達のB子さんと仲良くなっちゃうことがあります。

するとどうなるか。

カンカンになったA子さん。
「なんであたしの友達にそういうことすんのよ!! ほんっと、サイテー!」

U次郎。
「だって、気が合っちゃったんだもん。にゃは♪」

気がおさまらないA子さんは、さらにB子さんに向かって、
「あんたもあんたよ! なんであんないいかげんなオトコに付いていくわけ! しっかりしなさいよ!」

B子さん。
「だって、気が合っちゃったんだもん・・・」


で。
今度はB子さんがU次郎にグチを言います。

「なんで、あの子にそんなこと言われなきゃなんないのよ!
 だいたい、あの子って、×××××で、△△△△△なのよ。
 ・・・ゃん。
 ダメ、そこ・・・
 ぃゃ・・・
 やめないで・・・」
クンクンクンクン、チュウチュウチュウ・・・

てな具合。


というわけで、A子さんの裏の秘密を知ってしまうわ、
B子さんはA子さんに絶交宣言してしまうわ・・・


キケン人物視されているU次郎はなかなか“合コン”なんぞという場に呼んでもらえないんですけど、うっかり潜りこんでしまって意気投合なんかした日には、
一騒動持ちあがってまたぞろキケン人物エピソードを増やしてしまうことになりかねません。。


いや、つくづく、
狭い世界って、良くないね。

スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 男のヌードはお好き? | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑

2007-08-12 Sun 13:39
コットンビキニ♪
“もし退屈してたら遊んでください。
 幸せだったら無視して。
 あたしは相変わらずふらふらしてます。”

最後に彼女に会ってから、いったい何年ぶりだろ?
そんなメールが届きました。

お酒と煙草とフランス文学が好きな、
ちょっぴりデカダンスの匂いがする女の子。

初めて会った日。

「なんか、おれとごっつい趣味が似てんねぇ~~~♪
 もっといろいろ共鳴しあわへん!?」 (←アホ丸出し・・・)

・・・が、
クールで知的で、“人を寄せつけない”オーラ満点の彼女は、
U次郎のオバカ・スケベトークを鼻でせせら笑う感じで聞き流していました。
というか、その日、その場にいたあらゆるオトコとオンナに興味なさげで、
ひとり煙草をぷかぷかふかしながら、周囲に煙のバリアを張り巡らしている、
そんな感じでした。

ところがひょんな流れで、気がつくとU次郎の自宅ベッドに黒の下着姿で横たわっていた彼女。

二人っきりになると、堅かった彼女の口がようやくほころびはじめました。
二人でウイスキーをちびちび舐めながら、バタイユだとかジャン・ジュネなんかの話をしました。

いつしか唇が重なり、U次郎の指先は彼女の下着の中にすべりこんでいました。

・・・・・・

おそろしく濡れそぼってはいました。

でも、何かが違っていました。

どこにどう触れても、彼女のカラダは凍ったまま。
声ひとつあがりませんでした。
濡れているのに、冷たいまま。
カラダはU次郎に預けてるけど、身じろぎもなく。

決定的なのはその“眼”。
ひとかけらの熱も帯びていないその眼に会ってしまい、戦慄したのを覚えています。

あわれなU次郎のセガレ君は、
声ひとつあがらない彼女の中にコンドーム越しに射精しました・・・

「寝る?」
平常心そのものの彼女の声にそう聞かれて、
「・・・うん」と答えたU次郎の声はかすれていました・・・


二度目に会ったのは、彼女が住むマンションのベッドの上。

事態は同じでした。

今度は射精もできませんでした。
酔ったフリをして(実際に酔ってはいたんですけど)、そのまま寝てしまいました。


でもって、冒頭のメール。

何回かメールは行き来したものの、結局、三度目はありませんでした。


たかだかセックスに自信が持てないという理由だけで、
彼女の“退屈”からシッポを巻いて逃げてきたU次郎・・・
癒してあげる方法なんて、他にいくらでもあるのにね。

ただ、あの“眼”が脳裡に浮かんだとたん、
色んなものがシュルシュル~~~と萎縮しちゃってね。。

まったくもって、ちっぽけなU次郎でした。

別窓 | 男のヌードはお好き? | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑

| U次郎の好色日記 |