アクセス解析
レンタル掲示板
FC2ブログ

 Since 2006.10.16
色好まざらん男はいとさうざうしく、玉のさかずきの底なき心地ぞすべき/『徒然草』吉田兼好
マヨネーズ

2005-06-28 Tue 01:31
ズボン脱ぎ脱ぎ…



突然ですが、自分、マヨネーズが大好きです。


子供の頃、河原でひろったエロエロ漫画にこんなシーンがありました。


昼下がり。
場所はとあるアパートの一室。
ベッドの上で女の人が裸になって(今から思えば)オナニーをしています。
その部屋は一階で、おまけにカーテンが開けっぱなしになっていたため、
部屋の中が外から丸見えです。
あたかもアパートの外は道路工事の真っ最中。
男たちが汗をしたたらせながら仕事をしていました。

ふと、一人の男が目の前のアパートの光景に気づきます。

邪悪な薄笑いを浮かべる男。
何も気づかずオナニーにふける女・・・。

部屋の鍵まで空いたままだったのでしょうか?
次のページをめくると、薄笑いの男がベッドサイドに立って女を見下ろしていました。

絶叫する女!
高笑いする男・・・

男はおもむろに冷蔵庫に歩み寄り、中からマヨネーズとサラダボールを取り出しました。
凍りつく女。

男はゆっくりベッドの上にかがみこむと、女の足をこじあけます。
必死でもがきながらも、パックリ開いてしまう女のカラダ・・・

と・・・
男はいきなり女の足のあいだにマヨネーズを塗りたくりはじめたのです。
ビックリする女。
体をよじって逃げようとしているのか、うっかり切ない気分になりはじめているのか、子供心にはいまひとつよくわからない不思議な表情の女の人でした。

つづいて、男はサラダボールの中からレタスをつまみ出して、
それを女の股間になすりつけながらムシャムシャ食べはじめました。

「なぁんてウメェんだ。えぇ、奥さん」
「いやぁ・・・やめてください・・・」

みたいなやりとりがしばらく続き、
とうとうお互いに意気投合して、めくるめく情事にのめりこむ・・・


―――みたいな内容でした。




物心がついた頃からのマヨネーズファンですが、
あの漫画を読んだ日以来、マヨネーズの味がいっそう深みを増した気がしています・・・
スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 男のヌードはお好き? | コメント:7 | トラックバック:2 | top↑

今週の一枚

2005-06-20 Mon 00:32
濡れ濡れビキニ
洗いたての濡れたぱんつを穿いたら、ちぃーとばかし透けちゃいました…。
だいじょぶっすよね? ね?

別窓 | 男のヌードはお好き? | コメント:9 | トラックバック:0 | top↑

春でおぼろで御縁日…

2005-06-19 Sun 22:52
たまにはエロ話でないのをひとつ。


その昔、自分はバリバリのロック小僧でありながら、同時に物静かな文学少年でもありました。

バンド仲間はノリがよろしくって破壊精神にあふれていて楽しいヤツらなんだけど、
いかんせん、ちぃ~とばかしガサツで、ついでにオツムのほうも少ぅしユルーい連中が多かった。
いっぽう文学好きのダチのほうはというと、なかなか繊細で頭の回転も鋭くって刺激はあるものの、
どーもノリは悪いしカタブツだし遊びベタだったりして、いまひとつ楽しくない。


で、自分は髪をチリチリに伸ばして“Sex, Drug, Rock'n Roll ”Tシャツに穴あきジーンズを穿きながら
一人で古書店巡りをするようなキミョーなお子さまだったわけです。

その頃にゲットしたお宝が写真のブツです。

鴛鴦帳01


表見返し&凾


鴛鴦帳02


裏見返し


鴛鴦帳03

自作の帙(ちつ)。この本のために作りました。U次郎って、けっこう器用!(自画自賛)


汚らしい古本とあなどるなかれ!

この、
大正7年 止善堂発行 小村雪岱木版画装幀 初版 凾付 泉鏡花作「鴛鴦帳」
こそは、当時の価格で25万円!とてもとてもパンク小僧なんぞがおいそれと手にできる代物ではないのです。

自分はこつこつとバイト代を貯め、
そのころ欲しくてたまらなかったギブソンのレスポール(これもガキが手にできるようなギターではありませんね…)にするか、
この「鴛鴦帳」にするか、一ヶ月くらい悩みに悩んだ末、
とうとう意を決して、ATMでおろした諭吉さん25枚を財布に突っ込み、
いつにないポケットの膨らみにわれながら戦慄しながら、
神田は神保町にある某高級古書店におもむいたのです。

そこはいわゆる古書店とはまったく趣のちがう、ほとんどサロンみたいなところで、
稀覯本(きわめて珍しい古書)だけを扱う、まあその筋の人ならだれもが知っている聖地のようなショップです。
ビリビリTシャツに安全靴を履いてるような小僧の出入りできる場所ではありません。
ふだんなら、いくら破壊精神旺盛な自分といえども、さすがにオドオド俯きかげんになってしまうところですが
(なにせ、数千万円もするような平安時代の絵巻物を扱っていたりするんですから!)
その日の自分には、諭吉さん25人前という大いなる後ろ盾がついていました。

怖いものなど何もありません。
自分は堂々と胸を張り、
「キミ、ちょっと! これを見せてくれたまえ!」
…と実際にそう言ったわけではありませんが、
それくらいの意気込みで、陳列台の中におわしますこの「鴛鴦帳」を所望したわけです。

とまあ、そんなふうにこちらは妙に肩肘を張っていたのですが、
さすがは一流店、自分のようなパンク小僧をも丁重に扱ってくれたのには、かえって恐縮してしまいました。


で、かんじんのこの書物ですが、いかがです?
自分は一目惚れしてしまいました。
はっきり言って……美しすぎる!
そもそもこの泉鏡花という作家、わが永遠のアイドルなんです。
「鏡花全集」全28巻の全作品を読み終えるまでは、死んでも死にきれないくらい…



ということで、ロックに、文学に、えっち……
とにもかくにも色好みな好色U次郎でした。
おやすみなさいまし。



追記:
タイトルの「春でおぼろで御縁日」とは、鏡花先生の代表作のひとつ「日本橋」に出てくる名文句


別窓 | 毒書のススメ | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑

寸止め

2005-06-12 Sun 21:40
黒ビキニ
ちょっと意地悪なところがある自分は「寸止め」ってやつをよくやります。
そう、女の子がイク直前になってやめちゃうんです・・・。
指とか口とかオチ○ンチ○を、スッ・・・、とはずしちゃう。
キュゥゥッと硬直しはじめてた女の子のカラダからストーーンって感じで力が抜けて、
なんかこっちがビックリするくらい変な叫び声が漏れてきます。

イヤァァァ~~~・・・ッ!
みたいな、本当に残念そうな、心の底から悔しんでるような声を出す人もいれば、
体中の空気が喉の奥から一気に漏れ出すみたいな、
ホォォォーーーンンッ
だとか、
反対に一瞬、息がつまったみたいになって体がビクビク痙攣しはじめたり(これは半分イッちゃってるのかな・・・?)する人もあって、
こんな言い方すると女の子からは怒られそうだけど、
なんか、むっちゃ可愛いいな~なんて思いながらしばらく見とれてたりします。

で、そんなステキな表情をもう一度見たいもんだから、
さらにふたたびイキそうな気配が見えてきたところで、
ま~たまた、やめちゃうんですよねぇ。


    なぁんて可哀そうなっ!!!
    ヒドい奴がおるよなぁ~
    ほんま、ゴメンな~!
    でも、キミのその顔、すっごい可愛いんやで~
    ・・・・・・
    もう一回だけ!
    最後にもう一回だけでええから我慢してな~!


となって(・・・鬼!)、
結局こんなことを3~4回つづけてしまう頃には、
もう女の子のカラダはグニャグニャの汗まみれ、
ケダモノみたいに呼吸が荒くなって、
中にはボロボロほんとに泣きだしちゃう子もいましたね~。
(でも、その泣き顔がまた一層たまらなかったりするんです・・・)


しかしまあ、なんだかんだと言っても、
心優しいフェミニスト(?)な自分は、最後にはきち~~んと思う存分イカせてあげるんですよ!
(って・・・あたりまえ?)



「寸止めは嫌だけど、寸止めされた後にイクのは体が壊れそうなくらい気持ちイイ」

ってのが、一般的な「ご感想」のよーです。

途中でなかば本気で怒り出すような子もいましたが、
そういう子ほど終わったあと、こちらの世界に戻ってくるのに
人一倍時間がかかるような深~い“えくすたし~”をご賞味なさってるようです。



それはさておき!
黒のぱんつって、あんまりモッコリが目だたないんですよねえ。
今日、写真に撮ってみて気づきました。
それに黒って、あんまりエッチじゃない気がするんですが、いかがですぅ?
個人的には白とか薄い色のほうがヤラシ~イ気がして好きです。
別窓 | 男のヌードはお好き? | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑

着衣のキッス・・・

2005-06-09 Thu 03:52
まなか様の投稿を読んで。



そうなんや~!!!
自分もすっごいチュー好きで、正直言うとエッチそのものより好きなくらい!

キスしながらお互いの体のいろんな場所を触りあうのが好きやね~。
相手の耳たぶとか、わき腹、背中、乳首のまわり、おぱんつライン、腿の内側、ふくらはぎ、足の指のすきま・・・
ちょっと(というか、かなりというか)核心からズレた部分をサワサワしながらキスするんが好っきゃねえ♪

キスしてると、相手の息が急に止まったり、荒くなったり、せわしくなったりするのが手に取るようにわかりますよね。なんせ、息づかいが直接、自分の唇に伝わってくるんですもん。

キスは裸よりも服を着たままするのが好きかなぁ。
少なくとも下着は付けたままのほうがいい!

そんでもって、ずーーっと、えんえんと口を吸いあう――。
キス好きのおれっちは、もうとっくの昔にアソコがコチコチなんだけど、
その場所に触れられたいような、触れられたくないような・・・

そう、何を隠そう! 自分、じらし好きなだけに、じらされ好きでもあるんです。。
服とか下着をつけたままのほうがいい、ってのは、そんなジラシ・ジラサレ感があるからかも。

まなかっちの“キスするだけでいっぱい濡れちゃってたりする…”の部分、めっちゃエェわぁ~!

自分、キッスタイムがめっぽう長いもんで、ようやく相手の核心部分に指先を伸ばす頃には、ぱんちーのオモテ面にまでオツユが滲みだしてたりして、単純なおいらとしては、とても嬉しくなったりするわけです、ハイ。。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

ナンパ

2005-06-08 Wed 04:26
ぱぱいや様の記事を読んで。



自分、ここしばらくトンとご無沙汰なんですけど、
10年くらい前は、もうほとんど「趣味=ナンパ」っていうくらい、
毎晩ナンパにいそしんでました。
渋谷に住んでたという好(悪?)条件のせいもあるんですが・・・

で、つくづく思うのが、女の人ってほんとに不思議。
自分でナンパしながらも、
どうしてこの女の子はナンパなんかについてくるんだろう、
っていつも思ってました。
(あっ、自分がイケメンだって言ってるわけじゃ全然ないんですよ。おもいっきしごくフツーの十人並みの男ですから・・・)

ナンパについて行くって、けっこう勇気が必要だと思うんですよね。
新宿の二丁目(日本一のゲイタウン)で初めてナンパされたときにそう思いました。
もちろんその時は「オカマを掘られちゃうかも!」という、ちょっと特殊な状況ではあったんですが、
あれが仮りにすっごい美人のおねえさんだったとしても、自分はやっぱりついていかないですよ。

だって、怖くありません?? 何されるかわかんないんですよ!

ナンパ好きの自分が言うセリフではありませんが、女の子ってどうしてナンパについて行くんでしょうかね?
共通項として、なんとな~く感じてるのは、一口で言うと“他人を疑わない性格”でしょうか。
要するに、とってもいい子ちゃんたちなんです。
「人を見たら悪人と思え」な~んて言葉がありますが、それとは大違い。


ぜひぜひ、女性の方々にも訊いてみたいです。
「あなたはなぜナンパについて行くのですか?」




別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

右曲がり

2005-06-06 Mon 02:11
自分、子供の頃から右曲がりなんですけど、
世の中どっち向きが多いんでしょうかね?


右曲がりのおちんちん

別窓 | 男のヌードはお好き? | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑

じらしフェチ

2005-06-06 Mon 00:53
トラックバック先の「まなか」さまの唇を見て思い出したこと・・・


なんかねぇ、まなかっちの唇って、
その昔、仲が良かったエッチ友達の唇にそっくりなんですよ~。
お互い恋人がいたから、いわゆる恋愛関係とはちょっと違ってて、
フツーのデートなんて一度もしたことがない。
自分、お酒も大好きなんですが、飲みに行ったことすらない。
これは、われながら驚きです。
お互い時間が限られてたから、飲みに行く時間さえ惜しかったんでしょーなー。(←う~ん、若いっ!)
お酒ならエッチしながらでも飲めるじゃん! ってことで、
結局、いつも会うのは独り暮らしだったわがアパートのシングルベッドの上。
なんだかひたすらエッチに励んでましたねぇ。。。(遠い目…)

その子が、まなかっちとそっくりな唇をしてたんですよ!
最初に見たとき、あの子とちゃうん?って目を疑ったくらい。

いつも帰り際に「パンツがビショビショで冷たいよっ!」
な~んて八つ当たりぎみに怒られてたなあ。

自分、“パンツフェチ”なうえに“じらしフェチ”だったりするもんで、
「早く脱がして!」って言われても、なっかなか脱がさない悪いクセがあるんです。。

ちくちくパンツの上からイジメつづけて、
結局、最後までパンツは脱がさないまま、ヌルヌルになった布地をちょっと横にずらして合体…!
みたいな感じで。

パンツごしに舐めてたら、そのままイッちゃった、な~んてこともよくあったっけなあ。


なんだか、ダラダラ思い出話を書いてしまいましたが、
それだけ“おカラダの相性”が良かったんですよね。
(ぼく自身が開発されてしまった部分もあるんですが、それはまた今度)

まなかっちにそっくりな唇から漏れてくる生暖かぁい吐息を思い出してると、
オ○ン○ンが固~くなっちまいました・・・
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑

去年の夏

2005-06-05 Sun 13:43
去年の夏の画像っす。
この写真はぱんつだけど、小さな水着のヤケ跡が見えてますねぇ~


つんつくビキニ♪

別窓 | 男のヌードはお好き? | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑

スーツの中は・・・

2005-06-04 Sat 16:33
仕事柄、スーツを着ることは少ないんですが、
たまにビシッとスーツで決めるときなど、中にこんなビキニ下着を穿いていると、
われながらワイセツな気分になります・・・


スーツの中のビキニ…

別窓 | 男のヌードはお好き? | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| U次郎の好色日記 |